セノビックの成分をチェックしてみましょう!


セノビック5種

今回はセノビックの成分をチェックしてみましょう。

セノビックは「成長期応援飲料」としてロート製薬さんからリリースされています。

その名称通り、子供の成長期のサポート飲料であり、特に背を伸ばす効果があると期待されているのが人気に理由です。

「セノビックは効果なし!?セノビックで子供の身長は伸びるのか?」でもその効果の裏付けを調査しましたが、今回はその成分にフォーカスしていきたいと思います。

まずはセノビックの原材料と主要成分を見ていきましょう。

 

原材料

グラニュー糖、ココアパウダー、麦芽糖、乳糖、ミルクペプチド、卵黄ペプチド、植物油脂、卵殻カルシウム、香料、ビタミンC、ビタミンE、ピロリン酸鉄、ビタミンD、ビタミンB1、ビタミンB2

 

成分

成分
カルシウム 260mg
6mg
ビタミンD 2.3μg

 

まあ、成長に必要そうな栄養素が入っていて、カルシウムも沢山取れるのね。

ここまでしか判断できないですよね。

そこで、対抗馬としてネスレさんリリースの「ミロ」を見てみましょう。

ミロ2

 

原材料

混合大麦麦芽エキス、砂糖、ココアパウダー、脱脂粉乳、植物油脂、乳清カルシウム、リン酸カルシウム、炭酸カルシウム、ビタミンC、pH調整剤、ピロリン酸鉄、レシチン(大豆由来)、ナイアシン、ビタミンB6、ビタミンB2、酸化防止剤(ビタミンE)、ビタミンD、ビタミンB12

 

以下はセノビックとミロの成分比較になります。

※セノビックは20gあたりの表示でミロは15gあたりの表示である為、20gあたりに換算して比較しています。

成分 セノビック ミロ
カルシウム 260mg 293mg
6mg 4.3mg
ビタミンD 3μg 2.3μg

 

結果、大きな変化はありません(笑)

カルシウムはミロに軍配が上がり、その他はセノビック。

となると、価格的に100gあたり429円のセノビックに対し、ミロは127円程。

コスパでは圧倒的にミロですよね。

とすると、セノビックの注目ポイントはやはり「ボーンペップ」が配合されているという点につきます。

あと、後味が5種類と多い点ですかね。ミロはココア味一本ですからね。

 

ミロは私が子供の頃からあって、それなりに歴史ある商品なので悪くないと思います。

ちなみに私は子供の頃ミロが大好きでした^^

 

牛乳嫌いの子でも、こうした味の付いたプロテインであれば好きになってくれる可能性がありますからね。そう言った点も見逃せません。

まあ、色々ジュース代わりに試してみるのもいいかもしれませんね。

 

コメントを残す




CAPTCHA