セノビックを超えた?究極の子供サプリ「アスミール」とは?


アスミール

セノビックの人気に追いつけ追い越せで話題となっているアスミール。

私も存在は知っていたのですが、セノビックより高いし味が一種類しかない。

特にマークしていませんでした。

しかし、近所のママさんがアスミールを絶賛していたので、調べてみる事に。

すると、高いだけあってかなり贅沢な仕上がりじゃないですか。

はい、シェアする事にしました^^

 

セノビックとアスミールを比較してみよう

セノビックプロテイン

原材料

グラニュー糖、ココアパウダー、麦芽糖、乳糖、ミルクペプチド、卵黄ペプチド、植物油脂、卵殻カルシウム、香料、ビタミンC、ビタミンE、ピロリン酸鉄、ビタミンD、ビタミンB1、ビタミンB2

 

アスミールpkg

原材料

グラニュー糖、ココアパウダー、ドロマイト、乳糖果糖オリゴ糖、植物性ミネラル(ごま由来)、亜鉛含有酵母、カゼインカルシウムペプチド、粉末状大豆たん白、煮干しパウダー、コラーゲンペプチド、黒酢エキスパウダー、精製ナットウ菌培養物、メロンプラセンタエキスパウダー、DHA含有精製魚油粉末、未焼成カルシウム、ビタミンC、ピロリン酸第二鉄、ビタミンE、ナイアシン、香料、パントテン酸Ca、ビタミンB6、ビタミンB2、ビタミンB1、ビタミンA、葉酸、L-アルギニン、ビタミンD、ビタミンB12

 

成分 セノビック アスミール
カルシウム 260mg 488mg
6mg 6.375mg
ビタミンD 2.8μg 3.75μg

 

成分を比較すると、すべてにおいてアスミールが優れています。

しかし、一番驚いたのはこの点ではないんです。

何とセノビック1日あたりの摂取量は15gを150mlの牛乳で溶いて2回。

対してアスミールは1日あたりの摂取量は6gを100mlの牛乳で溶いて1回。

これじゃあ、セノビックが1袋あたりの価格が安くても、粉と牛乳の消費率が上がるので、結局割高になるのでは?なんて思っちゃいます。

うちもしばらくアスミールに乗り換えてみようかと思います。
>>>アスミール公式サイト

 

 

コメントを残す




CAPTCHA